• このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪でのスピード車検の方法について

自動車を所有していると、2年に一度の継続検査を受検することは避けて通れないこととなります。継続検査の有効期間が過ぎてしまった自動車を公道で使用すると違法行為となります。この継続検査の有効期限については、フロントガラスに貼っているステッカー(検査標章)あるいは検査証に記載されていますので、いつでも確認が可能です。この有効期限の一か月前から継続検査を受けることが出来ます。しかし、うっかり継続検査の有効期限を忘れてしまい、有効期限まで残り数日の場合や、すでに期限が切れてしまったという場合には、早急に継続検査を受ける必要があります。この場合、スピード車検が非常に有効になります。方法としては『自分で直接継続検査を受ける方法』と、『業者に依頼する方法』の二種類が存在しています。

自動車の継続検査は有効期限に注意を

自動車を所有している人の義務となっている継続検査ですが、有効期間内でなければ自動車を公道で走行させることが不可能となってしまいます(期限切れの車の使用は違法となります)。この継続検査の有効期限については、一か月前から継続検査を受けることが可能となります。この期限に合わせて余裕をもって継続検査を受けることが基本です。しかし、継続検査受検のことをすっかり忘れていて、期限直前(または直後)に気付いた場合には早急に継続検査を受ける必要があります。また、どうしても車が必要な場合には継続検査に必要な時間を短縮しなければならなくなります。そのような場合に有効となるものがスピード車検です。

大阪でのスピード車検の方法について

もしも大阪で早急に継続検査を受けなければならない場合、その方法は二種類あります。まずスピードある継続検査を得意とする専門業者に依頼することです。ディーラーなどに依頼すると継続検査終了まで数日かかるケースが殆どなのですが、このような即日での継続検査を受けている業者であれば、1日で継続検査が完了します。もう一つの方法としては、自分で継続検査を受ける方法です。これは、自動車を直接大阪を管轄する陸運局に持ち込んで、自分で継続検査の手続きを行う方法です。この場合には整備等を行うことは出来ませんが、受検直前に陸運局周辺のテスター場で継続検査と同じ検査を受けることで最低限の合格基準を確保することが可能となります。自分で継続検査を行う方法であれば、自動車に何も問題が無ければ1時間程度で継続検査が完了します。このように、継続検査にスピードを求めるのであれば、自分で直接検査を受ける方法が一番有効となります。ただし、検査場は土日祝日は閉まっていますので、平日に検査場に行けることが条件となりますので注意が必要です。